《北欧女神2》历史年表大事记

作者:ywy

  大陆历146年:フレアガルド王国的将军【ミトラ】被敌国拷问致死

  234年:フレアガルド王国灭亡

  333年:大陆北方的テム族遭不死者毁灭(其实是被神族毁灭的,因为【アトレイシア】为了救自己的孩子,违反约定,不作战魂),带着孩子逃亡的【アトレイシア】因衰弱而死

  346年:财宝猎人集团トゥルース的一员【ルイン】在报告发现古代王墓后失去消息

  375年:ジュラベルン的边境出身的冒险者【ファルクス】潜入不死者王的宫殿,在引起其兴趣后死亡

  418年:拥有优秀舰队运用术的魔術師【イージス】在与海贼的小规模冲突中溺死(因其与水灵的协约而无法游泳)

  450年:パルティア公国出身,开发出バーンストーム和ガードレインフォース两个魔术的天才魔术师【ソロン】死亡

  468年:パルティア公国ネルソフ地方商人的女儿【ジェシカ】发现了封印邪龙的宝石,并不小心解除了封印

  489年:【ジェシカ】的儿子【ジェラルド】杀死了龙,但自己也因邪龙血之毒而死,ネルソフ一帯的生物也因此死绝

  572年:ジェラベルン地方的某地受到近邻都市的攻击,10岁的【クレセント】因其雇用的佣兵【エレーン】而得以逃脱

  カミーラ丘陵大戦开始,这场战争进行了四年

  ●大陸北東部的パルティア公国

  17将【竜鱗的ジグムント】(【アルム】之父)参战

  ●ジェラベルン

  17将【天眼的エーレン】参加ジェラベルン解放軍

  流浪的佣兵17将【黒刃のアドニス】参战

  573年

  ●ディパン公国

  17将【斬鉄姫セレス】及其副官17将【豪刃的ギルム】率军参战

  574年

  ●大陸北西部的アークダイン王国

  17将【雷鳴のローランド】率血剣騎士団、17将【白銀のリシェル】率白百合戦士団参战,稳定了即将崩溃的防线

  575年 『カーミラ丘陵大戦』終結

  【クレセント】回到了领地,向ジェラベルン袭击的幕后主使、她的继母复仇后和恩人【エレーン】一起在各地游荡

  【セレス】和大陆南西部ラッセン的领主结婚,过着平稳的日子

  【黒刃のアドニス】成为ロゼッタ王朝的黑光将军,并作了【ゼノン】的部下

  ゴーラ地方的领主【カノン】开始展露头角

  577年

  【ローランド】和【リシェル】接到归国命令,在ゴーラ地方被【カノン】害死。

  血剣騎士団団長由【アーロン】、白百合戦士団団長由【フローディア】接任,这两个人是恋人

  578年

  在ロゼッタ王朝仕官的【ゼノン】发现了拥有巨大魔力的只眼的写本,但被写本操纵。由于写本强大的魔力,他瞬间成了宫廷魔导师,这时ロゼッタ王开始有了大陸侵攻的野心

  【ゼノン】想利用强大的力量统一大陆,带来和平,但其实这不过是奥丁为了让人界生出战乱而所策划的(只眼的写本是由奥丁放入人界的)

  579年

  【カノン】开始利用国王,国王失德,王弟レオン因此反叛

  『アークダインの争乱』開始

  【カノン】组织教皇派,设立聖十字師団,成为教皇派的中核

  国王派的血剣騎士団和王弟派的白百合戦士団开始互相战斗,【アーロン】虽然注意到了国王的狂乱,但出于骑士的职责仍然指挥着血剣騎士団,这场动乱持续了两年

  580年

  【エーレン】成为ロゼッタ王朝的赤光将軍,【クレセント】成为白光将軍

  581~582年

  581年:『ラッセンの奇襲』

  ロゼッタ王朝的青光将軍【エルド】和黒光将軍【アドニス】奇袭了ラッセン,黒光将軍在单挑中被【セレス】斩首,但【セレス】也被【エルド】捕获

  同年アークダイン王国:白百合騎士団向王都进军。团长【フローディア】与血剣騎士団长【アーロン】单挑,由于确信己方的胜利,一剑都不愿挥而甘愿被对方杀死,之后【アーロン】因拒绝疗伤而死亡

  同年:【カノン】在教皇任命式时被青光将軍【エルド】暗杀

  『アークダインの争乱』结束

  一年战争开始

  ディパン的王女【フィレス】及其从者【シルフィード】和【ギルム】三人参战

  在『パルティア攻防戦』『アークダイン争乱』『アルトリア街道攻防』『ロゼッタ之戦』都能见到他们的勇姿

  『パルティア攻防戦』

  赤光将軍【エーレン】与パルティア-ディパン联合军相持不下

  【セレス】成为ロゼッタ王朝的第二任黑光将军与自己的祖国作战

  ラッセンの魔術師【ファーラント】组织100人的抵抗势力骚扰青光将軍【エルド】的占领军,让他头痛不已

  『アルトリア街道の攻防』

  【ファーラント】被白光将軍【クレセント】杀死

  赤光将軍【エレーン】为保护同伴被不死者杀死,之后【クレセント】失踪,未找到遗体

  アークダイン王国向ラッセン进军,同时アルトリア街道东方被パルティア解放軍占领,陷入孤立的【エルド】战死,ラッセン被解放

  アルトリア街道旁的ランド村被强盗袭击,除了【セルヴィア】被【フィレス】保护外全灭

  由于【フィレス】的活跃,周辺4大国组成“ロゼッタ包围网”

  『ロゼッタ之戦』

  【フィレス】烧毁了只眼的写本,【ゼノン】被解放,之后他为了平定情势在各地巡游

  【シルフィード】和【ギルム】有了孩子,之后【ギルム】对在战斗中濒死的【シルフィード】使用了换魂之法,死亡

  【セレス】被【フィレス】射伤,【フィレス】被【セレス】砍下一条手臂

  『一年戦争』終結

  大陆北东部的パルティア公国由于第二王子【アルム】的治理,在『一年戦争』中也未产生混乱

  【フィレス】嫁给了パルティア公国国王(【アルム】的哥哥),帮助刚继位的国王安定国内

  【シルフィード】の儿子【ディーン】誕生

  583年:【セレス】因箭伤而亡

  【フィレス】的女儿【クリスティ】誕生。

  586年:【ゼノン】被暴徒杀害

  593年:【セルヴィア】因担心卷入继承人争端而离开パルティア公国,之后作为吟游诗人在各地封印不死者

  598年:【クリスティ】追随【セルヴィア】离开パルティア公国

  599年:暗黑时代ニブルヘイム之霧开始

  【シルフィード】被不死者杀害,【ディーン】正在各地巡回,未能救到母亲

  601年:【アルム】率军与不死者作战,被冥界的龙王打败,死亡(此人为了提高自己的武勋经常召唤不死者再将其消灭)

  602年:神官戦士【ディーン】和【セルヴィア】、【クリスティ】一起封印不死者,【ディーン】最终赌命将通向ニブルヘイム的门关上

  『ニブルヘイム的霧』終結,【セルヴィア】、【クリスティ】从历史舞台上消失

  6??年:【フィレス】使世界各国缔结和平条约,但因奥丁的干涉只持续了不到20年

  622年:【フィレス】死亡

  627年:パルティア公国灭亡

  650年:【紗紺】死亡

  658年:【クラッド】的爱人【キルケ】战死

  659年:ヴェルノア建国

  ラッセン出身的【ティリス】在与ヴィルノア的战争中战死

  662年:【クラッド】中毒箭而亡

  681年:【魔智】死亡

  724年:【ラシーカ】和【アルカナ】在クレルモンフェラン王国第4次カルスタッド侵攻时战死

  746年:クレルモンフェラン王妃【リリア】与錬金術師【ウォルター】私奔

  748年:【リリア】与 【ウォルター】的女儿诞生

  752年:【ウォルター】被クレルモンフェラン王国讨伐队杀害,一个月后【リリア】自杀

  【リディア】作为王妃的女儿却又没有王的血缘,在迫害中长大

  769年:【リディア】被干弟弟カイン王子的手下惨杀

  7??年:カイン王子病死

  772年:ジュラベルン地方貧民街出身的【ソファラ】和妹妹【ミリティア】被盗贼协会捡去,【ソファラ】被培养成暗杀者

  776年:【ザンデ】去讨伐魔物,但一去不回

  789年:原本被派去暗杀领主的【ソファラ】爱上了他并与其结婚,但仍被盗贼协会胁迫,在向丈夫告白过去后开始与盗贼协会斗争

  不知情的【ミリティア】以为姐姐变了

  790年:【ソファラ】的丈夫被盗贼协会暗杀,之后她一个人坚持斗争

  【ミリティア】认为姐姐变得对穷人越来越刻薄

  792年:【ミリティア】决定代替姐姐,【ソファラ】被盗贼协会弄哑后卖作奴隶

  796年:【ソファラ】死亡

  802年:【ミリティア】在盗贼协会放火,与协会大半的成员一同烧死

  923年:ディパン王女【アリーシャ】誕生。

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注